エコキュートは工事費込みで総額いくらかかる?【容量・給湯タイプ】ごとに値段を比較!|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ突撃隊plus




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ突撃隊plus エコな暮らし エコキュートは工事費込みで総額いくらかかる?【容量・給湯タイプ】ごとに値段を比較!

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2023年2月2日

エコキュートは工事費込みで総額いくらかかる?【容量・給湯タイプ】ごとに値段を比較!

エコキュートは工事費込みで総額いくらかかる?【容量・給湯タイプ】ごとに値段を比較!

「給湯器をエコキュートに変えると、光熱費が安くなる」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

実際に、電気温水器やガス給湯器に比べると、エコキュートの光熱費は安く済みます。

オール電化のご家庭の場合、ガスの基本料金分が浮くので、さらに毎月の出費を抑えることも可能です。

しかし、エコキュートへ交換する際にネックとなるのが、高額な設置費用です。

エコキュートの本体価格だけでなく、工事費なども必要になるため「総額いくらかかるの?」と気になっている方もいるかもしれません。

この記事では、エコキュートの設置に必要な総額費用について詳しくまとめました。

【容量・給湯タイプ別】エコキュートの設置にかかる総額費用の相場

まずは、エコキュートの設置に必要な総額費用を、タンク容量別・給湯タイプ別にご紹介します。

【本体価格+設置工事費】の費用総額の相場を、次の表にまとめました。

給湯タイプ/タンク容量 【300L】

2~3人家族向け

【370L】

3~5人家族向け

【460L】

5~7人家族向け

フルオート 約87~92万円 約88~93万円 約83~88万円
セミオート/エコオート 約71~86万円 約89~94万円
給湯専用 約73~78万円 約80~85万円 約88~93万円

エコキュートの設置・交換には、基礎工事や配線工事が必要になります。工事費の相場は、約10〜15万円程度です。

寒冷地仕様・耐塩害仕様のエコキュートは、表に記載した金額よりも高額になる場合があります。

表で紹介した以外にも、コンパクトな180L〜大容量の550Lまで、エコキュートにはさまざまな容量があります。ご家族の人数や予算に応じて、ご家庭に最適な容量を選びましょう。

また、同じ製品であっても、販売店によって総額費用やサポート内容が大きく異なる場合もあります。

エコキュートを導入する際は、複数の販売店から見積もりを取り、価格や内容を慎重に検討することをおすすめします。

エコキュートの本体価格を決める2つの要素

エコキュートの本体価格は、次の2つの要素によって決まります。

  • タンク容量
  • 給湯タイプ

エコキュートを選ぶ際のポイントにもなるため、この機会にしっかり確認しておきましょう。

タンク容量

エコキュートのタンク容量は、5つあります。

  • 180L
  • 300L
  • 370L
  • 460L
  • 550L

180Lや300Lは、主にマンション専用のコンパクトなエコキュートです。

特注品になるため、納品まで時間がかかる場合が多く、一部のメーカーでしか製造されていません。

戸建てのご家庭に特に人気なのは、370Lと460Lです。

商品のラインナップも多く、機能面や重視するポイントもバリエーション豊富で、ご家庭にぴったりなエコキュートが見つかるでしょう。

550Ⅼになると、大家族でも湯切れの心配は少なくなりますが、機種ラインナップが狭まったり、広い設置スペースの確保が必須になったりします。

給湯タイプ

エコキュートの給湯タイプは、3つに分類されます。

  • フルオート
  • セミオート/エコオート
  • 給湯専用

それぞれの特徴は、次の表の通りです。

 

給湯タイプ 特徴
フルオート
  • 湯はりと足し湯、追い焚きがすべて自動でできる
  • 保温機能で設定したお湯の温度をキープしてくれる
  • ボタン1つですべて操作できる
セミオート/エコオート
  • 自動湯はりと足し湯ができる
  • 追い焚きや保温機能はない
  • 湯はりだけできれば十分な方におすすめ
給湯専用
  • 手動で蛇口をひねって給湯
  • 自動湯はりや追い焚き機能はない
  • 製品によっては、あらかじめ設定した湯はり量に達した際に、音声やメロディでお知らせしてくれる
  • 最も安く設置できる

 

上の表以外で、特にオール電化のご家庭におすすめなのが、多機能タイプのエコキュートです。

多機能タイプのエコキュートには、床暖房・浴室暖房・乾燥などの機能が搭載されています。

エコキュートの主なメーカー

エコキュートを製造・販売している主なメーカーは次の通りです。

  • パナソニック
  • コロナ
  • ダイキン
  • 三菱電機
  • 日立
  • 東芝

メーカーごとに、搭載されている機能や価格は異なります。

多くのハウスメーカーが取り扱うパナソニックやコロナは、価格が高い傾向があるようです。

また、販売店が力を入れているメーカーによっては、同等のスペックでも価格が異なります。

東芝は比較的安い傾向がありますが、大切なのは、使い勝手の良さやメンテナンスのしやすさなど、ご家庭に合ったエコキュートを選ぶことです。

エコキュート設置すると光熱費はどれくらい安くなる?

エコキュートを設置した場合、ガス給湯器よりも約7割ほど節約でき、1か月あたりの光熱費は1,000〜2,000円程度に抑えられます。

給湯にかかる年間光熱費の比較は、次の表の通りです。

給湯にかかる年間光熱費
ガス給湯器(LPガス) 約81,600円
ガス給湯器(都市ガス) 約50,300円
電気温水器 約98,000円
エコキュート 約37,000円

ご覧いただくと分かる通り、電気温水器やガス給湯器に比べて、エコキュートの光熱費は最も安くなります。

すでに太陽光発電を設置しているご家庭であれば、卒FIT後の光熱費はさらに安くなり、年間18,000円程度です。

どうしても高額な初期費用がかかるエコキュートですが、将来的に見れば、大きな節約効果を見込めるでしょう。

エコキュートをお得に設置・交換する2つのコツ

新築を建てた際に、エコキュートの設置をハウスメーカーに依頼した場合、卒FIT後「なるべく安く買い替えたいけど、どこに頼めばいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、エコキュートの設置・交換費用をお得にするコツを2つご紹介します。

  • 相見積もりを取る
  • 補助金を活用する

誰にでも活用できる内容ですので、ぜひ参考にして、エコキュートをお得に設置してみてください。

相見積もりを取る

エコキュートを取り扱う販売店は、ハウスメーカー・家電量販店・ネット販売店など、さまざまです。

同じ製品であっても、総額やサポート費用などが異なるため、エコキュートの設置・交換の際は、少なくとも2〜3社から相見積もりを取ることをおすすめします。

見積もりをもらったら、主に本体価格・工事費・サポート費の内訳をチェックしましょう。

総額だけでなく、アフターサポートや保証内容の充実度もしっかり確認することが大切です。

補助金を活用する

2つ目のコツは、各地方自治体の補助金を活用することです。

大気中の熱を利用してお湯を沸かすエコキュートは、環境性能に優れていることから、普及を進めるために、多くの自治体が補助金制度を設けています。

地方自治体によって補助額の幅がありますが、大体1〜3万円の補助金を設定している場合が多いようです。

申請方法や申し込み手順は、各自治体によって異なりますので、お住まいの市区町村のホームページで確認したり電話で問い合わせたりして、事前にしっかり確認しましょう。

エコキュートを選ぶ際に押さえたいポイント5点

エコキュートを設置する際、あらかじめ押さえておきたいポイントは5つあります。

  • 設置スペースの確保
  • 電力プランを見直す
  • 給湯時間や使う湯量に気を付ける
  • 入浴剤の使用は慎重に
  • 販売店と相談して決める

これらのポイントを考慮することで、エコキュート選びをスムーズに進められるでしょう。

設置スペースの確保

エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの2つで構成されています。

ヒートポンプユニットはエアコンの室外機ほどの大きさがあり、貯湯タンクは冷蔵庫ほどの大きさがあります。

エコキュートを設置する際は、それぞれを設置する十分なスペースを確保しなくてはなりません。

買い替えの場合、新しい機種が既存のエコキュートの設置スペースに収まりきらないケースもあります。

どの機種なら設置可能か、販売店のスタッフに現地調査を依頼すると良いでしょう。

電力プランを見直す

エコキュートの節約効果を最大限に得るには、契約している電力プランを「深夜電力プラン」へ見直す必要があります。

深夜電力プランは、深夜帯の電気代が安く済む一方で、昼間の電気代が割高になっている場合が多いです。

また、2011年の東日本大震災によって原子力発電所が稼働停止したことから、深夜料金の割引率は若干低くなっています。

エコキュートを設置する際は、 お住まいの地域の電力会社の電力プランを確認して、ご家庭に合った電力プランを契約しましょう。

給湯時間や使う湯量に気を付ける

エコキュートは、電気料金の安い夜間に給湯を行うことで、節約効果を得られます。

昼間に給湯を行うと、月々の電気料金が割高になってしまう場合もあるため、注意しましょう。

また、エコキュートで沸かしてタンクに貯めたお湯をすべて使い切ってしまうと、お湯切れを起こしてしまいます。

お湯切れや故障などのトラブルを起こさないためにも、お湯はりはなるべく夜間に1回だけ行うなどの工夫が必要です。

入浴剤の使用は慎重に

追い焚き機能が搭載されている「フルオート」タイプのエコキュートは、使用できる入浴剤の種類が限られます。

白濁タイプ・炭酸ガスタイプ・バスソルトなど塩分を含むタイプの入浴剤は、配管やポンプの目づまりやサビの原因となるため、注意が必要です。

フルオートタイプのエコキュートで入浴剤を使用する際は、使用可能な入浴剤かどうか必ず事前に確認するようにしましょう。

セミオート/エコオートタイプ、給湯専用タイプのエコキュートは、入浴剤の使用制限はありません。

販売店と相談して決める

毎月の電気代が節約できるという大きな魅力はありますが、エコキュートはさまざまな要素を考慮して選ぶ必要があるため、予算に関する不安はもちろん「そもそもエコキュートにした方がいいの?」「ほかの給湯器とも比較・検討したい」」といった疑問や要望を持つ方もいらっしゃると思います。

その場合は、エコキュートに詳しい販売店へ相談して決めるのが一番です。

いくつかの販売店へ相談し、相見積もりを取って、ご家庭にぴったりなエコキュートを選びましょう。

まとめ

この記事では、エコキュートの設置にかかる総額費用の相場や、お得に設置・交換するコツについて解説しました。

エコキュートは高額商品であるため、予算は重要項目の1つですが、今回ご紹介した通り考慮したいポイントは他にもいくつかあります。

「どのエコキュートを選べばいいか分からない」という方は、ぜひエコ突撃隊へご相談ください。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ突撃隊plus!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域

中部地域の施工センター

  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域

北陸地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
北陸地域密着!対応地域

九州・沖縄地域の施工センター

  • 福岡施工センター(福岡県福岡市博多区)
  • 北九州施工センター(福岡県北九州市小倉南区)
  • 大野城施工センター(福岡県大野城市)
  • 粕屋町施工センター(福岡県粕屋町)
  • 熊本施工センター(熊本県熊本市)
  • 大分施工センター(大分県大分市)
  • 宮崎施工センター(宮崎県えびの市榎田)
  • 鹿児島施工センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 沖縄施工センター(沖縄県那覇市楚辺)
九州・沖縄地域密着!対応地域

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域

北海道地域の施工センター

  • 北海道施工センター(北海道札幌市白石区)
北海道地域密着!対応地域

エコ突撃隊plusとは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ突撃隊plusは中間業者を減らしてマージンカット

『エコ突撃隊plus』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ突撃隊plus』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら

  • お気軽に無料相談
  • LINEで無料相談
  • お電話で無料相談