太陽光発電システムが普及しない理由は?社会制度の問題点やリスクなどをわかりやすく解説|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ突撃隊plus




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ突撃隊plus エコな暮らし 太陽光発電システムが普及しない理由は?社会制度の問題点やリスクなどをわかりやすく解説

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2023年2月10日

太陽光発電システムが普及しない理由は?社会制度の問題点やリスクなどをわかりやすく解説

太陽光発電システムが普及しない理由は?社会制度の問題点やリスクなどをわかりやすく解説

太陽光発電システムは2009年に余剰電力買取制度が施工され、2011年に新制度が導入されたことで注目を集め、導入する家庭が増加しました。しかし、住宅向けの太陽光発電システムの普及率は高いとは言えません。

そこで今回は、太陽光発電システムが普及しない理由を解説します。太陽光発電システムのリスクや、メリットも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

日本の太陽光発電システムの普及率は高いとは言えない

一般社団法人太陽光発電協会「太陽光発電の状況」によれば 、住宅用太陽光発電システムの導入件数は2012年~2014年までは年平均約31万件だったのに対して、2019年は約15万件と低い結果となっています。

同資料によると、戸建住宅総数約2,875万戸に対して、太陽光発電システムを導入している件数は約267万戸と、全体の約9%となります。

なお、国際エネルギー機関の資料によれば、日本の太陽光発電の導入量は世界4位で、上位が中国やアメリカ、インドと国土が広い国であること考えると、普及していない訳ではありません。

太陽光発電システムが普及しない理由は?

太陽光発電システムが普及しない原因として、以下の理由が考えられます。

  • 初期費用が高い
  • 売電価格が下がっている
  • 設置できる住宅が限られている
  • リスクがある

上記の理由を順番に解説します。

初期費用が高い

太陽光発電システムが普及しない最大の理由は、初期費用が高いことです。

次の表は、太陽光発電パネルを20枚設置した場合の初期費用の目安を、メーカーごとにまとめたものになります。

メーカー 設置容量 初期費用の目安
パナソニック 5.4kW 約102万円
シャープ 4.2kW 約103万円
東芝 5.0kW 約133万円
三菱電機 5.0kW 約136万円
東芝 5.3kW 約146万円
カナディアンソーラー 6.0kW 約98万円
長州産業 6.8kW 約119万円

一般社団法人太陽光発電協会「太陽光発電の状況」によれば、屋根設置システムの価格は1kWあたり18万円~22万円が相場です。

また、経済産業省の「令和4年度以降の調達価格等に関する意見」 によれば、1kWあたりの価格相場は約25.9万円で、設置容量5.0kWの太陽光発電システムを設置する場合の初期費用は129.5万円とされています。

上記の資料や表などを考えると、太陽光発電システムの初期費用は130万円程度が相場と言えます。太陽光発電システムの相場は2012年が1kWあたり46.5万円だった時代に比べれば、かなり安いです。

しかし、太陽光発電システムの価格帯の上下幅は年々広がっており、2020年以降は材料費の高騰もあり、将来的に高額なパネルの価格がさらに上昇する可能性が指摘されています

売電価格が下がっている

太陽光発電システムが普及しない理由として、売電価格が下がっていることも挙げられます。

太陽光発電システムで発電した電力は、30%までは自家消費に回し、残りの余剰電力を電力会社に売却できます。

売電価格は太陽光発電システムを設置してから10年間は固定価格となり、2023年に設置した場合は1kWhあたり16円です。

この10年間固定価格で売却できる制度をFIT制度と呼び、10年が過ぎて売電価格が固定でなくなることを卒FITと呼びます。

FIT制度の売電価格は年々下がっています。次の表は、2012年~2023年までの1kWhあたりの売電価格をまとめたものです。

1kWhあたりの売電価格
2012年 42円
2013年 38円
2014年 37円
2015年 33円~35円
2016年 31円~33円
2017年 28円~30円
2018年 26円~28円
2019年 24円~26円
2020年 21円
2021年 19円
2022年 17円
2023年 16円

1kWhあたりの売電価格は10年間で半分以下まで減っています。

元々、売電価格は太陽光発電システムの導入や普及を促す役割があり、始まった当初は太陽光発電システムを設置することで利益を得られるケースも珍しくありません。

しかし、太陽光発電システムの設置費用は年々低下しており、中央値との差額も縮小しているので、合わせるように売電価格が下落しています

そのため、これから太陽光発電システムを設置しようとしても、売電価格が下がっていることを知って、「損をしてしまうかもしれない」と感じて購入をためらってしまう可能性があります。

設置できる住宅が限られている

太陽光発電システムは、集合住宅を除いた戸建住宅なら、基本的にどんな住宅でも設置可能となっています。

しかし、実際は住宅同士が密着している、あるいは自治体が定めた景観条例に抵触するなどの理由から設置できないケースがあります。

また、屋根面積が小さかったり、屋根が入り組んでいたり、屋根の角度が急だったりする場合は、太陽光発電システムが設置できません。

ほかにも、海に近い住宅や屋根材の種類、住宅の向きなどによっては太陽光発電システムの設置が推奨されないケースがあります。つまり、太陽光発電システムが設置できる住宅は限られています。

リスクがある

太陽光発電システムは次のようなリスクがあります。

  • シミュレーション通りに発電できるとは限らない
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 自然災害で故障する可能性がある

太陽光発電システムの最大のリスクは、シミュレーション通りに発電できるとは限らないことです。

太陽光発電システムは晴天時に比べて曇天時は約3割~約5割、雨天時は約1割まで発電量が低下します。売電できる発電量が少なくなれば、初期費用の負担が重くなってしまうというリスクがあります。

また、太陽光発電システムは、初回メンテナンス以降は4年に1度のペースでメンテナンスを行うことが推奨されています。大抵のメーカーや施工業者は10年~20年の保証期間を設けており、期間内のメンテナンスは無料になります。

しかし、太陽光発電システムの平均寿命は商品にもよりますが20年~30年程度なので、保証期間が過ぎたらメンテナンス費用を支払います。

ほかにも、台風や突風などにより太陽光発電パネルが飛んでしまい、ほかの住宅や器物を損害するリスクもあります。

太陽光発電システムは設置しないほうが良いの?

太陽光発電システムは初期費用が高く、昔に比べて売電価格が下がったことで、売電だけで初期費用を回収し、利益を得たりすることが難しいです。また、シミュレーション通りに発電できるとは限らず、突風により二次被害が発生するリスクもあります。

しかし、太陽光発電システムには次のようなメリットがあるため、設置可能な方は検討をおすすめします。

  • 自家消費による電気代の節約が見込める
  • 災害時でも電気が使える
  • エコキュートや蓄電池との相性が良い

上記のメリットを順番に解説します。

自家消費による電気代の節約が見込める

太陽光発電システムの最大のメリットは、自家消費による電気代の節約が見込めることです。

例えば、東京電力エナジーパートナーの試算によれば、太陽光発電システム無しの電気代が月額12,548円の家庭で6.7kWの太陽光発電システムを設置した場合、発電した電力のうち35%を自家消費すれば、電気代は約8,242円まで下がります

発電効率が20年間変わらなかったと仮定した場合、1ヵ月で約4,000円、1年間で48,000円、20年間で約960,000円の節約が見込めます。

上記の自家消費の節約に加えて、最初の10年間はFIT制度により余剰電力が1kWhあたり16円で売電できるので、さらに電気代の節約が期待できます。

災害時でも電気が使える

太陽光発電システムを設置していれば、地震や台風が発生しても自家発電できるので、災害時でも電気が使えます。

2018年に発生した「北海道胆振東部地震」では、マグニチュード6.7の地震により火力発電所、風力発電所、水力発電所が次々と停止し、復旧までに最大2日かかっています。

電力は、水力やガスなどのライフラインのなかでは、生命や生活に直結するため、比較的早く復旧します。しかし、大規模な停電の時は1日以上電力が使用できないケースがあるため、万が一の事態に備えられる太陽光発電システムがあると安心です。

エコキュートや蓄電池との相性が良い

太陽光発電システムはエコキュートや蓄電池などの省エネ機器との相性が非常に良いです。特にエコキュートは、ほかの給湯器に比べてお湯を沸かすためのランニングコストが抑えられているので、光熱費の節約ができます。

次の表は、同じ湯量を沸かした場合の給湯器ごとの年間ランニングコストを比較したものです。

  エコキュート 電気温水器 石油給湯機 ガス給湯器
北海道電力エリア 約32,400円 約108,000円 約81,600円 約109,200円
東北電力エリア 約21,600円 約80,400円 約73,200円 約104,400円
北陸電力エリア 約20,400円 約82,800円 約72,000円 約118,800円
東京電力エナジーパートナーエリア 約24,000円 約102,000円 約67,200円 約78,000円
中部電力エリア 約24,000円 約99,600円 約68,400円 約87,600円
関西電力エリア 約20,400円 約86,400円 約64,800円 約81,600円
中国電力エリア 約22,800円 約91,200円 約68,400円 約112,800円
四国電力エリア 約26,400円 約126,000円 約67,200円 約99,600円
九州電力エリア 約18,000円 約78,000円 約66,000円 約108,000円
沖縄電力エリア 約10,800円 不明 約56,400円 約54,000円

実際のランニングコストは家族の人数やライフスタイルなどによって異なりますが、ほかの給湯器に比べてエコキュートのランニングコストが抑えられているのが分かります。

エコキュートは電気の力で稼働する給湯器で、空気の熱を利用してお湯を沸かします。そのため、ほかの給湯器に比べてお湯を沸かすためのランニングコストが少ないです。

太陽光発電システムと一緒にエコキュートや蓄電池などを導入すれば、お湯を沸かすためのランニングコストはさらに抑えられることができます。

また、蓄電池があれば太陽光発電システムで発電した電力を蓄えて、夜間に使用したり、停電時に備えておいたりできます。

まとめ

以上が、太陽光発電システムが普及しない理由の解説になります。太陽光発電システムの初期費用は高額で、いくつかの問題点やリスクがあることは否定できません。

しかし、デメリットを上回るだけのメリットもあるので、太陽光発電システムを設置できる人は検討してみましょう。

エコ突撃隊」はメーカー正規品を低価格で販売しており、太陽光発電システムや蓄電池、エコキュートに関する専門知識が豊富なスタッフが対応いたします。太陽光発電システムに興味がありましたら、ぜひご相談ください。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ突撃隊plus!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域

中部地域の施工センター

  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域

北陸地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
北陸地域密着!対応地域

九州・沖縄地域の施工センター

  • 福岡施工センター(福岡県福岡市博多区)
  • 北九州施工センター(福岡県北九州市小倉南区)
  • 大野城施工センター(福岡県大野城市)
  • 粕屋町施工センター(福岡県粕屋町)
  • 熊本施工センター(熊本県熊本市)
  • 大分施工センター(大分県大分市)
  • 宮崎施工センター(宮崎県えびの市榎田)
  • 鹿児島施工センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 沖縄施工センター(沖縄県那覇市楚辺)
九州・沖縄地域密着!対応地域

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域

北海道地域の施工センター

  • 北海道施工センター(北海道札幌市白石区)
北海道地域密着!対応地域

エコ突撃隊plusとは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ突撃隊plusは中間業者を減らしてマージンカット

『エコ突撃隊plus』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ突撃隊plus』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら

  • お気軽に無料相談
  • LINEで無料相談
  • お電話で無料相談